2011年01月29日

中学になったらPTAに入会しないぞー

「PTA実は入退会自由」 平成22年2月21日 朝日新聞

共働き家庭の増加などで役員のなり手が少なく、負担感が大きいなど、様々な問題を抱えるPTA。
本来、会員になるかどうかは保護者の自由だが、全保護者を自動的に加入させている学校も少なくない。
文部科学省のアンケートでは「入退会は自由」と知らない保護者(PTA役員経験者)の半数を占めた。
PTA発足時の1954年の文部省が策定した「父母と先生の会」第2次参考規約には
「会員になることも、会員にとどまることも、自覚に基づく個人個人の自由であって、いささかも強制があってはならない」と
「自由入会」の精神がうたわれている。(中略)「PTA は任意加入を徹底したうえで、保護者だけでなはくOBや地域の大人を入れ、
子どもを支援するNPOのような活動を心がけると幅が広がる」(中略)
文部科学省は「教育委員会や校長にPTA加入は任意であるという意識を広めたい」と話した。


posted by アミコ at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | PTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。